東京奇譚集

(読書)
とうきょうきたんしゅう

村上春樹 著 文芸誌『新潮』において2005年3月号から4回に亘って掲載された連作短篇集。
 

  1. 「偶然の旅人」(新潮3月号掲載)
  2. 「ハナレイ・ベイ」(新潮4月号掲載)
  3. 「どこであれそれが見つかりそうな場所で」(新潮5月号掲載)
  4. 「日々移動する腎臓のかたちをした石」(新潮6月号掲載)
  5. 「品川猿」(書き下ろし)


※2005年9月、これら4篇に書き下ろし短篇「品川猿」を加えた単行本『東京奇譚集』が新潮社より刊行された。

東京奇譚集

東京奇譚集

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ