東大路通

(地理)
ひがしおおじどおり

京都市内を南北に走る通りの一つ。北は北大路通から始まり、南は泉湧寺から東福寺にかけて西へとカーブして行き、そのまま東西に走る九条通へと変化する。
平安神宮・八坂神社・清水寺・三十三間堂など観光名所が多く、行楽期には渋滞が激しい。

明治45年、祇園-白川の祇園広道(小堀通)が拡幅するなどして大正元年に開通。のちに九条通北大路通とつながって環状道路の1辺をなす。

位置関係

西大路通 花見小路通 東大路通
東山通
白川通

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ