東海道新幹線

東海道新幹線

(地理)
とうかいどうしんかんせん

東海道新幹線は東海旅客鉄道(JR東海)が所有・運行管理する、東京駅新大阪駅間 515.4km*1を結ぶ鉄道路線
1964年10月1日、日本初の新幹線として、東京オリンピックにあわせて、日本国有鉄道(国鉄)が東海道本線の支線として、東京駅新大阪駅間で開業。開業当初は東京駅新大阪駅間を、最高速度210km/h、「ひかり」で4時間で結んだが、翌年、3時間10分に短縮した。
その後、1985年には100系新幹線の導入で最高速度を220km/hに向上させ、さらに1992年には300系新幹線「のぞみ」の導入で最高速度を270km/hに向上させ、東京駅新大阪駅間を2時間30分まで短縮した。
更に2015年春より最高速度を285km/hに引き上げ、所要時間が最短で2時間22分となった。
1987年、国鉄分割民営化に伴って「新幹線鉄道保有機構法」に基づき、施設は特殊法人である新幹線鉄道保有機構が保有し、JR東海に貸し付ける形をとっていたが、1991年、「新幹線鉄道に係る鉄道施設の譲渡等に関する法律」により、保有する施設はJR東海に譲渡され、現在に至る。
東京、名古屋、大阪という日本の三大都市を結び、数ある新幹線の中でもトップの営業実績を誇る。
新大阪駅より西は山陽新幹線(JR西日本管轄)となり、一部の列車は直通運転を行っている。

駅名 よみ
“えき”は略
接続路線
東京駅 とうきょう 東北新幹線・上越新幹線・北陸新幹線
東海道線・上野東京ライン・山手線・京浜東北線・中央快速線・総武快速線・横須賀線・京葉線
東京メトロ丸ノ内線
品川駅 しながわ 東海道線・山手線・京浜東北線・横須賀線
京急本線
新横浜駅 しんよこはま 横浜線
横浜市営地下鉄ブルーライン
小田原駅 おだわら 東海道線
小田急小田原線・箱根登山鉄道・伊豆箱根鉄道大雄山線
熱海駅 あたみ 東海道線・伊東線
三島駅 みしま 東海道線・伊豆箱根鉄道駿豆線
新富士駅 しんふじ -
静岡駅 しずおか 東海道線・静岡鉄道
掛川駅 かけがわ 東海道線・天竜浜名湖鉄道
浜松駅 はままつ 東海道線・遠州鉄道
豊橋駅 とよはし 東海道線・飯田線
名鉄名古屋本線・豊橋鉄道
三河安城駅 みかわあんじょう 東海道線
名古屋駅 なごや 東海道線・中央西線・関西線
名鉄名古屋本線・犬山線(名鉄名古屋駅)
近鉄名古屋線(近鉄名古屋駅)
名古屋市営地下鉄東山線桜通線
あおなみ線
岐阜羽島駅 ぎふはしま 名鉄羽島線(新羽島駅)
米原駅 まいばら 東海道線・琵琶湖線・北陸線
近江鉄道
京都駅 きょうと 琵琶湖線・JR京都線 ・嵯峨野線 (山陰本線)・奈良線
近鉄京都線・京都市営地下鉄烏丸線
新大阪駅 しんおおさか 山陽新幹線(直通)
JR京都線 ・大阪市営地下鉄御堂筋線


リスト::鉄道路線

*1:営業キロは552.6km

ネットの話題: 東海道新幹線

人気

新着

新着ブログ: 東海道新幹線