松木謙治郎

松木謙治郎

(スポーツ)
まつきけんじろう

プロ野球選手・監督。
左投左打、ポジションは一塁手。背番号は9→30番。

1909年1月22日生まれ。福井県出身。
敦賀商業から明治大学、ノンプロ名古屋鉄道、大連実業団で活躍。
1936年、大阪タイガース創立と同時に入団。

長打力、走力を兼ね備えた選手として、1937年以降は1番打者として定着した。
1937年春には首位打者、本塁打王の二冠王に輝く。

初代主将として、実力だけではなく性格も申し分なく、チームメートから慕われる人望の厚い人物であった。*1
また、酒豪としても知られた。


1940年、選手兼任監督となる。翌1941年、一旦現役引退、監督を解任。

1950年、毎日オリオンズへ移籍した若林忠志に代わり、選手兼任で監督に就任。現役復帰し、ファンを喜ばせた。

1951年、現役引退。監督に専念する。

1954年、退団。


1955年、大映スターズのコーチに就任。  

1956年、大映スターズの監督に就任。1957年、退団。

1958年、東映フライヤーズのコーチに就任。張本勲毒島章一を見出した。

NHK野球解説者を経て、1967年、東映フライヤーズの監督に就任。
1970年、田宮謙次郎に後任監督を託し、退団。


1978年、野球殿堂入り。

同年、阪神タイガース初代OB会長に就任。


1986年2月21日、逝去。

*1:著書「タイガースの生いたち―阪神球団史」は、情報の乏しい1リーグ時代における貴重な資料であり、タイガースの歴史に関する書籍はほとんどが松木の著書を参考にしたものである。選手としてだけではなく、一人物として、タイガースの発展に最も寄与した人物である。

新着ブログ: 松木謙治郎