松田純一

(音楽)
まつだじゅんいち

作曲家・編曲家・リミキサー。1983年11月15日生まれ、大阪府出身。
3歳からヴァイオリンを習い、10歳で小室哲哉に憧れピアノを始めると同時に、シンセサイザーによる楽曲制作を開始。
16歳の時にアクシヴに送ったデモテープ(100曲以上!)をきっかけに17歳で浜崎あゆみ「Endless sorrow」を編曲、18歳で同アーティストの「Daybreak」を長尾大、CREAと共に作曲。
クラシックを基調とした哀愁漂うピアノフレーズや奇抜で斬新な楽曲制作を得意とする。
現在は地元大阪を拠点に、作家業を中心にリミックスやCM曲、サントラ等幅広く活動。
アーティスト作品は近年はアイドル関係が多く、OSAKA翔GANGSに関しては全楽曲を作曲・プロデュースしている。
09年に制作用個人事務所「MILLIONAIRE VIBES」を設立した。

映画「着信アリ」映画内で流れる着信音「死の着信メロディー」の作曲も。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ