柳原良平

柳原良平

(アート)
やなぎはらりょうへい

イラストレーター、画家、漫画家。
1931年8月17日、生まれ。2015年8月17日、死去。
東京生まれ。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒業後、寿屋(現:サントリー)に入社。 宣伝部に所属し、「アンクルトリス」を送り出す。 退社後はフリーのイラストレーターとして、また自主アニメーション制作など多彩な活動を行う。
1981年、横浜市の再開発地区「みなとみらい21」の名称選考時に二次審査員を務めた。一般公募により集まった約2300点のうち、一次選考で「みなとみらい21」は落選、しかし二次選考の際に良平は「港町」をイメージできるこの名称を強く推して再度候補に並ぶこととなり、最終的に「赤い靴シティ」との間で行われた決選投票により、「みなとみらい21」の名称決定に至った。

かお かお どんなかお

かお かお どんなかお

新着ブログ: 柳原良平