柴野多伊三

柴野多伊三

(社会)
しばのたいぞう

日本の国際問題アナリスト。政治家。実業家。
1951年7月7日〜2011年9月5日。本名は柴野実。


新潟県柏崎市出身。中央大学法学部政治学科卒業。
柴野たいぞうや武野義三のペンネームでも活動していた。政治家としては新生党→新進党の衆議院議員として1期在職。96年の総選挙で東京1区から出馬も与謝野馨・海江田万里の争いに半ば埋没する形で落選、2010年の参院選では比例区で自民党から出馬したが落選した。


2010年9月21日、日本中油の架空増資(自社)と、未公開株をめぐる詐欺容疑により東京地方検察庁特別捜査部の強制捜査を受け逮捕される。

2011年9月5日、社内で亡くなっているのが発見された。警察当局は「自殺を図ったもの」とみているが、遺書などは発見されていない。享年60。


環境革命 人類生存のための緊急提言

環境革命 人類生存のための緊急提言

新着ブログ: 柴野多伊三