柿本神社

(一般)
かきのもとじんじゃ

兵庫県明石市人丸町1-26にある神社で、柿本人麻呂を祭神に祀る。

人麻呂の霊を感じたという月照寺の僧の手によって、仁和3年(878年)に今の明石城のあたりに小祠として創建されたものと伝えられる。江戸時代になり明石城の築城とともに現在地に遷座。元は月照寺を神宮寺としていたが、明治に神仏分離令を受けて分離。

今も同寺とともに人丸山公園の丘のなかにある。

参考資料:月照寺 〔人麿山〕/柿本神社

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ