桂文楽

桂文楽

(アート)
かつらぶんらく

落語家

・当代は9代目。先代は師匠。
前座名は小益。以前のペヤングソース焼きそばのCMが思い出される。


・一般的には先代、8代目の方が有名。
1892年(明治25年)11月3日、青森県五所川原町生まれ。
師匠: 桂小南(初代)
入門: 1908年(明治41年)
1920年(大正9年)5月6日に「八代目桂文楽」を襲名。
1971年(昭和46年)12月12日、肝硬変のため死去。享年79歳。


古今亭志ん生、三遊亭円生、と並んで、昭和の戦後東京落語黄金期を支えた
押しも押されぬ名人。


志ん生、円生に比べて持ちネタは少なかったが、完成度は高い。
毎回寸分違わぬ噺を聞かせた。

8代目桂文楽といえばこの噺

新着ブログ: 桂文楽