楫取素彦

(社会)
かとりもとひこ

楫取素彦(1829年4月18日−1912年8月14日)は、日本の江戸時代末期の長州藩士。明治新政府の官僚。政治家。
群馬県令や貴族院議員を歴任した。
1829年4月18日、長門国萩魚棚沖町(現・山口県萩市)に藩医・松島瑞蟠の次男として生まれる。
1840年、代々儒官であった小田村家の養子となり、小田村伊之助と名乗る。
1867年、楫取素彦と改めた。
吉田松陰とは深い仲であり、吉田松陰の妹2人が楫取の妻となる。最初の妻であった寿(杉寿)に先立たれた後、禁門の変にて自刃した久坂玄瑞の未亡人であった美和子(杉文)と再婚した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ