榊原晃三

榊原晃三

(読書)
さかきばらこうぞう

1930〜1996 名古屋生まれ。フランス文学研究家、翻訳家。
早稲田大学仏文科修士課程終了。法政大学、共立女子短期大学で教鞭をとるかたわら、デュマ「王妃マルゴ」といったフランス文学や、モーリス・ルブランの「怪盗ルパン」シリーズやジョルジュ・シムノン「メグレ警視」シリーズなどのミステリ、グリバリの「ピポ王子」などのファンタジイ、「フランダースの犬」など、非常に幅広く多数の翻訳を行う。
主訳書、ジュール・ヴェルヌ「二十世紀のパリ」、ローラン・トポール「リュシエンヌに薔薇を」。

新着ブログ: 榊原晃三