標津線

(地理)
しべつせん

かつて存在した国鉄(廃止時はJR北海道)の鉄道路線。
1937(昭和12)年 根釧原野開拓を目的に開通。
1988年 廃止
釧網本線の標茶から中標津経由で根室標津に至る69.4kmの本線と、中標津から根室本線の厚床に至る47.5kmの支線から成る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ