橋杭岩

橋杭岩

(地理)
はしぐいいわ

和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。
大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っている。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。
その昔、弘法大師と天邪鬼が串本から大島へ橋を架ける賭けをしたという伝説が残る。
岩と岩の間から朝日が差し込む夜明けの風景は素晴らしいと評判で、国の名勝や国の天然記念物の指定も受け観光名所となっている。

新着ブログ: 橋杭岩