欧州自由貿易連合

欧州自由貿易連合

(社会)
おうしゅうじゆうぼうえきれんごう

(European Free Trade Association、EFTA、エフタ)
1960年にイギリスが中心となって設立された自由貿易連合。当初の加盟国はイギリス、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、スイス、オーストリア、ポルトガルの7ヵ国。これらの7ヵ国は欧州経済共同体EEC)への加盟を拒否されており、EEC原加盟国6ヵ国の「インナー・シックス(Inner Six)」に対して、「アウター・セブン(Outer Seven)」と呼ばれていた。

1961年、フィンランドが準加盟(1986年正式加盟)。1970年アイスランドが加盟。1973年、英国とデンマークが欧州共同体(EC)加盟に伴いEFTAから脱退。1986年、ポルトガルがEC加盟に伴いEFTAから脱退。1991年、リヒテンシュタインが加盟。1995年、オーストリアとスウェーデンとフィンランドがEU加盟に伴いEFTA脱退。

本部はジュネーヴにあり、現在、アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインの4か国が加盟している。

新着ブログ: 欧州自由貿易連合