Hatena Blog Tags

欧陽詢

(社会)
おうようじゅん

欧陽詢(おうようじゅん、557〜641)

中国、唐代初期の書家。潭州臨湘の人。字は信本。王羲之の書法を学び、楷書の規範をつくる。初唐三大家の一人。高祖の勅命によって類書「芸文類聚」100巻を編集した。楷書にもっともすぐれ、碑刻に「九成宮醴泉銘」などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ