Hatena Blog Tags

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

(マンガ)
ははをなくしたときぼくはいこつをたべたいとおもった

宮川さとしによるWeb漫画作品。
新潮社・くらげバンチにて発表された。
作者本人が母を亡くした経験を描いた作品。
2014年、単行本が発売。描き下ろしのエピローグが収録されている。


著者: 宮川サトシ

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のマンガのコマをアルで探す

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ