水島臨海鉄道

(地理)
みずしまりんかいてつどう

水島臨海鉄道 株式会社は、貨物及び旅客の運輸業を主な事業とする鉄道事業者
倉敷市水島地区の港湾・工場地区への貨物輸送を主目的とする鉄道だが、水島本線倉敷市駅三菱自工前駅間(10.4km)には旅客列車も運転されており、通学客などの利用も多い。
倉敷市営鉄道として1948年開業。1970年に民営化された。現在はJR貨物倉敷市が株式の35.3%ずつを保有し、岡山県も11.8%を出資する、第三セクター会社である。
岡山県倉敷市内に非電化単線の鉄道路線、3路線がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ