水色の時

水色の時

(テレビ)
みずいろのとき

1975年に放送されたNHK連続テレビ小説の作品。
信州・松本を舞台に医者を目指しながら医大に進むヒロインのひたむきな姿を描いた作品。
また、これまで1年間放送した朝ドラが初の半年間放送になったのもこの作品からである。
ヒロインを演じたのは大竹しのぶだった。