水間鉄道

(地理)
みずまてつどう

英文表記:Mizuma Railway Co.,Ltd.
水間鉄道株式会社は、大阪府貝塚市に本社をおき、鉄道事業、バス事業を中心に運営している会社。
1924年4月17日設立。

事業内容

  • 鉄道事業
  • バス事業
  • 土地家屋の売買および仲介ならびに賃貸
  • 飲食店・旅館・娯楽施設および旅客誘致施設の経営
  • 日用品及び全酒類・煙草の販売
  • 旅行業法に基づく旅行業
  • 自動車販売および修理業
  • 電気工事請負業および電気器具の販売ならびに修理加工
  • 当会社に関係ある他の事業への投資
  • 労働者派遣事業
  • 損害保険代理業
  • インターネット等のネットワークを利用した通信販売業、その他情報サービスの提供
  • 前号に付帯する一切の事業

鉄道事業

水間線
貝塚駅−水間観音駅間 5.5km の鉄道路線を有し、起点の貝塚駅で、南海電気鉄道南海本線に接続する。
水間線

乗合自動車事業・貸切自動車事業・特定自動車事業

水鉄バス」の名称で、路線バス・貸切バスを運行。
貝塚市のコミュニティバス「は〜もに〜ばす」の運行を受託している。

略歴

1924年(大正13年)4月17日、水間観音駅最寄りの水間観音への参詣客輸送を主目的として会社設立。
1925年(大正14年)12月24日、水間線を開業。
1950年(昭和25年)12月8日、バス事業を開始。
2005年(平成17年)4月30日、大阪地裁に会社更生法適用を申請し、経営破綻。その後、タクシー事業子会社「水鉄タクシー株式会社」の株式を「関西中央グループ」に譲渡。
2006年(平成18年)4月6日、再建スポンサーとなった株式会社グルメ杵屋水間鉄道の株式を取得し、完全子会社となる。
2006年(平成18年)6月16日、大阪地裁より会社更生計画終結の決定を受け、会社更生手続きが完了。
2009年(平成21年)6月1日、コミュニティバスを除き、PiTaPaを導入。

主要株主

  • グルメ杵屋 100%
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ