江ぐち

()
えぐち

東京・三鷹駅前にある、安くてうまいのに、行列もできずにフラリと入って気軽に楽しく食べれるラーメン屋さん。
久住昌之の単独著書の処女作『小説 中華そば「江ぐち」』(新潮OH文庫)は、この店の20年前が舞台。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ