池山隆寛

池山隆寛

(スポーツ)
いけやまたかひろ

プロ野球、ヤクルトスワローズの選手。通称「ブンブン丸」「ミスタースワローズ」。
右投右打、ポジションは遊撃手→三塁手、背番号は36→1→36番。

兵庫県尼崎市出身。1965年12月17日生まれ。
市立尼崎高校を経て、1984年、ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。
1987年、当時の関根潤三監督に見出され、遊撃手のレギュラーとして一軍に定着。
以後、広澤克実との「イケトラ」コンビでチームを支える。

1992年、背番号を1に変更*1

野村克也監督の下、古田敦也、高津臣吾らと共に5度の優勝、4度の日本一に貢献。スワローズ黄金時代を築いた。

1997年、宮本慎也の台頭により三塁手へコンバート。
2000年、背番号を36番に戻す。
2002年、現役引退。

現在、フジテレビ解説者。また、マスターズリーグ・東京ドリームス、モルツ球団の選手を務める。
対馬まさかりドリームスにも参加。


2006年、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍打撃コーチに就任。
 
リスト::野球選手

*1:スワローズの1番は若松勉の準永久欠番であった。年俸引き上げの駆け引きとして「まさか若松勉の背番号はもらえないだろうから上げてくれるだろう」と背番号1番を希望したが、背番号変更の方が叶った形になった。

新着ブログ: 池山隆寛