池禅尼

(一般)
いけのぜんに

藤原宗子。平忠盛の後妻。平家盛平頼盛の母。平清盛にとっては継母。崇徳院の第一皇子重仁親王の乳母。
夫忠盛が没すると出家。忠盛の邸宅である六波羅の池殿を譲られて住まいとしたので池禅尼と呼ばれた。
平治の乱で囚われの身となった源頼朝の助命を嘆願したエピソードが有名。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ