沈黙の春

(読書)
ちんもくのはる

アメリカの科学者、レイチェル・カーソンによる著作。
農薬の危険性を訴えた、エコロジーに関する先駆と言われる本。

沈黙の春 (新潮文庫)

沈黙の春 (新潮文庫)



成長の限界」と並び、2大環境啓蒙書として知られ、環境問題本のバイブルである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ