沖縄都市モノレール

沖縄都市モノレール

(地理)
おきなわとしものれーる

沖縄都市モノレール株式会社は、沖縄県那覇市に本社を置き、モノレール路線「沖縄都市モノレール線(愛称 ゆいレール)」を運営する鉄道会社。沖縄県、那覇市、沖縄振興開発金融公庫及び民間企業の共同出資による第三セクター方式の会社である。
1982年9月27日設立。
インフラ部(モノレールの走行する軌道構造物等)は国、県、市が建設し、沖縄都市モノレール株式会社は、車両、変電所,電車線路、信号通信,駅施設設備などを施工し、モノレール事業を経営。なお、インフラ部はガソリン税・自動車重量税など、自動車利用者の負担(道路特定財源)で整備されている。

沿革

1982年9月27日、沖縄都市モノレール株式会社設立。
1996年3月1日、沖縄都市モノレール線の軌道事業の特許につき、運輸審議会件名表に登載。
1996年3月22日、軌道運輸事業特許取得を受ける。
1996年10月31日、沖縄都市モノレール線の都市計画事業の認可を受ける。
2003年8月10日、沖縄都市モノレール線 那覇空港 - 首里間開業。
2004年8月10日、沖縄都市モノレール線開業1周年を記念し、本社内に「ゆいレール展示館」がオープン。
2005年4月1日、沖縄都市モノレール線の1日乗車券などのフリー乗車券を値下げ。
2011年2月1日、沖縄都市モノレール線の運賃改定を実施。普通回数券の有効期間を廃止。フリー乗車券3種類を時間制に変更。
2012年1月26日、沖縄都市モノレール線首里 - 浦西(仮称)間(4.1km)の軌道事業特許認可を受ける。

資本及び株式

発行する株式の総数
16万株
授権資本
80億円
設立時の発行株式数
1万株
設立時払込資本
5億円
発行済株式の総数
146,673株
払込資本の総額
73億3365万円

事業内容

  • 軌道法による一般運輸事業
  • 道路運送法による自動車運送事業
  • 土地、建物及び施設の売買、賃借並びに建設業
  • 駅施設等における食堂、売店及び店舗の経営並びに駐車場の経営
  • 酒、たばこ、郵便切手及び収入印紙の販売
  • 生命保険の募集に関する業務及び損害保険代理業
  • 広告業
  • 前各号に付帯する一切の事業業

主要株主

  • 沖縄県
  • 那覇市
  • 沖縄振興開発金融公庫
  • 沖縄電力株式会社
  • 琉球銀行
  • 沖縄銀行

ネットの話題: 沖縄都市モノレール

人気

新着

新着ブログ: 沖縄都市モノレール