河野鷹思

河野鷹思

(一般)
こうのたかし

1906年東京・神田生まれ。本名・孝。

東京美術学校(現・東京芸術大学)図按科在学中に、築地小劇場で吉田謙吉に師事し舞台装置制作に関わる。1929年卒業後、松竹宣伝部で映画ポスター・雑誌広告・舞台装置などにたずさわるかたわら、名取洋之助の主宰する第二次日本工房に参加。雑誌「NIPPON」の表紙デザイン及びレイアウトなどを手がける。36年独立し、広告・映画美術監督・舞台装置・装幀・新聞小説挿絵などを手がける。戦時中は陸軍報道班員としてインドネシアで宣伝工作に従事。戦後はフリーとして活躍し、51年に日本宣伝美術会(日宣美)を山名文夫、原弘、亀倉雄策らと発足。55年に、原弘、亀倉雄策、大橋正、伊藤憲治、早川良雄、山城隆一とグラフィック‘55展を開催。

主な作品に、70年大阪万国博覧会日本館の展示設計、72年札幌冬季オリンピックポスターなどがある。また、66年愛知県立美術大学の開設に参加し、教授などを経て83年より学長を務める。 86年東京アートディレクターズクラブ「Hall of Fame」に選出される。99年永眠、享年93歳。

新着ブログ: 河野鷹思