沼野恭子

(読書)
ぬまのきょうこ

ロシア文学者。1957年生。東京外国語大学ロシア語科で原卓也に学び、のち東大総合文化研究科比較文学比較文化博士課程中退、2008年より東京外大教授。沼野充義の妻。

訳書

ブラート・オクジャワ『シーポフの冒険 あるいは今は昔のボードビル (現代のロシア文学)
タチヤーナ・トルスタヤ『金色の玄関に
シャルヴォヴィチ・オクジャワブラート『すばらしい冒険旅行 (絵物語・永遠の一瞬)
ボリス・アクーニン『堕ちた天使―アザゼル
リュドミーラ・ウリツカヤ『ソーネチカ (新潮クレスト・ブックス)
アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)

  • 編訳

魔女たちの饗宴―現代ロシア女性作家選

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ