Hatena Blog Tags

法人

(社会)
ほうじん

自然人以外で、法律の規定によって権利義務の主体となることができるもののこと。
公法人私法人社団法人財団法人営利法人非営利法人などに分けることができる。
法人の権利能力には、以下のような制限がある。

  • 性質による制限
    • 婚姻関係の当事者となるなど、性質上自然人のみが主体となる行為についての権利能力はない。
  • 法令による制限
    • 権利能力の範囲は、法令によって制限され得る。
  • 目的による制限
    • 従前は、法人の目的の範囲を超える行為についての権利能力はないとされていたが(ウルトラ・ヴィーレスの法理を参照)、最近は行為能力の制限又は代表者の代表権の制限にとどまると解する見解が有力である。「目的の範囲」は営利法人の場合については広く緩やかに、非営利法人の場合については文言解釈を重視し厳格に判断するというのが、通説である。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

経済発展のプロセスは、ゴールドファンドの担保設定によるクレジットの大量発行で実現する。それを市場に投入する。

経済発展のプロセスは、ゴールドファンドの担保設定によるクレジットの大量発行で実現する。それを市場に投入する。 筆者は、実はPPPの世界を探求しているときにMete財団のことを知りました。今は、Mete財団の日本アジア代表としてオフィシャルメンバーになっています。 PPPというのは、基本的には日本の国債でも米国債でも割引の短期国債のブリッジ取引の名義人になることで得る収益が高い収益性を得ることができます。 たしかに、短期国債を割引で購入しようということになれば、割引の国債を売買してくれるトレーダーとの繋がりがなければ、購入することもできません。また、最終的に、ブリッジ取引を行うので、確実に買い上…