法王宮職

法王宮職

(一般)
ほうおうぐうしき

奈良時代の称徳天皇が法王・道鏡の家政機関として設けた令外官
法王は天皇に準じた待遇を受けたとされるが、橘奈良麻呂の乱のように法王の具体的な詔勅が実行されたことはない。
職員に藤原氏が就任したという記載がなく、藤原氏勢に対抗するためのものと見る説がある。

就任者

職員構成は春宮坊、中宮職に準じる。設置と同時に就任。

大夫
高麗福信
高丘比良麻呂
大進
葛井道依
少進
1人(詳細記載なし)
大属
1人(詳細記載なし)
少属
2人(詳細記載なし)

関連年表

新着ブログ: 法王宮職