波照間空港

(地理)
はてるまくうこう

[英文表示] Hateruma Airport
波照間空港は、沖縄県八重山郡竹富町にあり、沖縄県が設置管理者となっている地方管理空港である。
2008年11月以降民間定期就航路線はない。

沿革

1972年3月1日、米国民政府援助資金により緊急着陸用飛行場(主に救急患者の輸送)として建設。
1972年9月、民間航空による運航が開始。
1972年11月14日、波照間飛行場現況届告示(滑走路850m)。
1975年3月11日、空港設置許可(滑走路800m、設置者沖縄県)。
1975年3月14日、第三種空港政令指定。
1976年5月18日、供用開始(滑走路800m)。
2008年6月18日、法改正に伴い、地方管理空港に政令指定。

空港データ

IATA 3レターコード HTR
ICAO 4レターコード RORH
滑走路方向 02/20
滑走路全長×全幅(m) 800×25
滑走路面 舗装

利用状況*1

国際線 国内線
着陸回数(回) 0 15
乗降客数(人) 0 0
貨物取扱量(t) 0 0

利用時間

8:00~18:00

アクセス

*1:2013年

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ