泣いて馬謖を斬る

(一般)
ないてばしょくをきる

故事成語の1つ。規律や秩序を守るために情に流されずに違反した者には厳しい処分を行うこと。
中国の三国時代の蜀の武将である馬謖が、街亭の戦いで諸葛亮の指示に背いて独断で布陣し敗戦を招いた責任で諸葛亮は涙を流して処刑したことに由来する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ