津山線

津山線

(地理)
つやません

岡山県東部を走る、JR西日本の路線(地方交通線)。岡山駅−津山駅間 58.7km。単線、非電化。

列車

かつては岡山と鳥取を結ぶ急行「砂丘」が運転され、陰陽連絡の一翼を担っていたが、1997年の智頭急行開業により誕生した岡山〜鳥取間の特急「いなば」(→「スーパーいなば」)がその役を引き継ぐことになり、「砂丘」は全廃された。
なお、「砂丘」が廃止された1997年からは急行「つやま」1往復及び快速「ことぶき」が設定されたが、「つやま」は2009年3月をもって廃止され、普通列車以外では快速「ことぶき」7.5往復(下り8本、上り7本)が残るのみとなった。
普通列車は1時間に1本程度。その他、岡山駅と次の法界院駅の間 2.3km だけを走る区間運転列車もあり、その一部は吉備線総社駅まで乗り入れる。

歴史

現在の津山線は1944年6月1日、岡山津山口間の中国鉄道からの買収と、津山口津山間の姫新線からの編入により成立したものである。

中国鉄道は1898年12月21日に岡山市−津山(現・津山口)間を開業させた。岡山市駅は現在の岡山駅より0.5kmほど津山寄りの地点であるが、1904年11月15日には山陽鉄道岡山駅への乗り入れを開始し、岡山市駅は廃止されている。

津山口津山間は1923年8月21日、国有鉄道の作備線(姫新線の前身の一つ)の一部として開業したもので、姫新線の全通後は盲腸線のような形になっていた。

駅と接続路線

駅名 よみ
“えき”は略
接続路線
津山駅 つやま 姫新線
津山口駅 つやまぐち
佐良山駅 さらやま
亀甲駅 かめのこう
小原駅 おばら
誕生寺駅 たんじょうじ
弓削駅 ゆげ
神目駅 こうめ
福渡駅 ふくわたり
建部駅 たけべ
金川駅 かながわ
野々口駅 ののくち
牧山駅 まきやま
玉柏駅 たまがし
備前原駅 びぜんはら
法界院駅 ほうかいいん
岡山駅 おかやま 山陽新幹線
山陽本線宇野線瀬戸大橋線)・吉備線
岡山電気軌道


リスト::鉄道路線

新着ブログ: 津山線