流通革命

(一般)
りゅうつうかくめい

生産と消費に介在する流通システムに革命的な変化をもたらすこと。日本では大量生産・大量消費時代の始まりだった岩戸景気(1958年6月〜1961年12月)のころに登場した総合スーパーマーケットによる豊富な品ぞろえと大幅な値引き販売で顧客を集め始める手法のことを「流通革命」と呼んでいた。他にも、新しい小売業態の登場などもマスコミが取り上げる時は「流通革命」だと紹介する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ