浜大津

浜大津

(地理)
はまおおつ

滋賀県の大津市の浜大津地域のこと。
京阪浜大津駅や大津港があり、またかつては江若鉄道の起終点となる駅もあって大津の中心として賑わっていた。しかし江若鉄道は廃線になり、江若鉄道の廃線跡に沿って作られたJR湖西線は浜大津ではなく京都市の山科から西大津を走るコースとなったこともあり、浜大津は寂れていった。
近年また商業施設の浜大津OPAが撤退するなどしているが、現大津市市長は市役所を浜大津に移転する公約を掲げており今後の開発・発展が期待されている。

浜大津

滋賀県大津市浜大津1丁目にある、京阪電気鉄道京津線石山坂本線の駅。
琵琶湖岸にあるターミナル駅だが、ホームは1面しかない。3方向から線路が集まるが、うち2方向(御陵方、坂本方)は併用軌道である。
歴史をたどれば1880年に開業した官設鉄道の大津駅である。神戸から大津までしか鉄道が開業していなかった当時は、ここから長浜までは琵琶湖の上を鉄道連絡船が結んでいた(だからこそ港に接して駅が設置された)。その後鉄道が長浜方面へ延伸されるにあたりこの駅は本線ルートからは離れたが国鉄線としては残り、後に現在の石山坂本線が敷設されるにあたっては膳所と浜大津の間は国鉄線を借り受けて三線軌として使用した。膳所−浜大津間の国鉄線は1969年まで存続した。

 2018年3月17日に「びわ湖浜大津駅」に名称を変更した。


* リスト駅キーワード

新着ブログ: 浜大津