浜渦辰二

(読書)
はまうずしんじ

哲学者、大阪大学教授。1952年高知県生まれ。1976年静岡大学人文学部哲学科卒、1984年九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1989年九州大学文学部助手。1991年静岡大学人文学部助教授、96年教授。2008年大阪大学文学研究科教授。95年「フッサール間主観性の現象学」で九大文学博士。

著書

  • 『フッサール間主観性の現象学』創文社 1995

  • 『〈ケアの人間学〉入門』編 知泉書館 静岡大学人文学部研究叢書 2005
  • 『看護倫理』宮脇美保子共責任編集 シリーズ生命倫理学 丸善出版 2012

翻訳

  • S.シューメーカー『自己知と自己同一性』菅豊彦共訳 勁草書房 1989.9.双書プロブレマータ
  • 『20世紀の扉を開いた哲学 フッサール現象学入門』クラウス・ヘルト 九州大学出版会 2000
  • 『デカルト的省察』フッサール 2001 岩波文庫
  • 『間主観性の現象学』全3冊 エトムント・フッサール 山口一郎共監訳 ちくま学芸文庫 2012-15
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ