Hatena Blog Tags

海外ボランティア

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

【被災地のスラムで見つけた小さな奇跡】 ~台風22号の被災者の哀しみと恐怖。家屋の倒壊、地滑り、洪水、未だ続く停電と断水。食料も水もない被災地フィリピンセブ島の惨状。そしてNGOの草の根の支援活動、、   (#Youtubeチャンネル #クラウドファンディンングCAMPFIRE #国際協力NGO #海外ボランティア #SDGs #草の根の国際協力 #台風22号被災地フィリピン緊急支援)

youtu.be フィリピン・セブ島のスラムの真ん中に現地事務所を置き、活動している国際協力NGOのYoutubeチャンネルに、動画をアップしました。昨年12月17日にかけて、フィリピンを襲った台風22号の、現地の被災の様子と、NGOの支援活動の報告です。日本では不思議なくらい報道されませんが、動画を見て頂くと、台風の凄まじさと、現地の惨状、被災者の恐怖と哀しみが伝わると思います。また、もしよろしければ、チャンネル登録をして頂けたら幸いです。Youtubeチャンネルでは、今後も、NGOで支援するフィリピンの現地のスラムの様子の映像を中心に、世界の現実を知って頂き問題提起したり、子どもたちの笑顔…

【それでもここで生きていくしかない】 ~台風22号の被災により孤立したフィリピンの山奥の村より、、   (#台風22号ライOdette #フィリピンセブ被災地の現状 #被災地復興支援緊急支援 #自分の無力に打ちひしがれる #クラウドファンディンングCAMPFIRE #国際協力NGO #SDGs #海外ボランティア)

昨年末、台風22号によって壊滅的なダメージを負ったフィリピン・セブ島。世界各国同様、フィリピンにも、オミクロン株の感染拡大が急激に拡がっていますが、被災地ではしょうじきみんな、それどころじゃないらしく、コロナの規制が厳しくなっても、被災者の方々は話題にもしていません。いや、停電と通信障害でTVもネットも見られないので、そのような情報自体を知らないのかもしれません。というか、「行動制限」「ステイホーム」とか言われても、そもそもステイするはずの家には、屋根も壁もありません。台風によりみんな飛ばされてしまいました。上の写真は、NGOの支援地域であるセブ島の山岳地帯を、遠くから撮ったものです。そこには…

【失われた生活を取り戻すために、、】 ~台風22号の被災地フィリピンにおけるNGOの緊急支援活動~   (#クラウドファンディングCAMPFIRE #台風22号ライOdette #フィリピンセブ #被災地復興支援 #国際協力NGO #SDGs #海外ボランティア #災害による停電断水通信障害インフラ破壊 #日本の報道姿勢の偏り)

2021年12/17にかけてフィリピンを襲った超大型台風22号(フィリピン名Odette)。被災からもう2週間が経つというのに、現地では未だ停電と断水が続き、人々は困難な生活を送っています。インフラの復旧にはまだ数カ月がかかりそうです。ところで、今、何か感じているのは、「どうして日本ではほとんど報道されないのだろう?」ということ。コロナのオミクロン株や、年末年始のあれこれで、話題があふれているのかもしれませんが、同時期のアメリカの竜巻がけっこうニュースでやってるのを見ると、被災規模はフィリピンの台風の方が遥かに大きいのに、「あれ?」と思ってしまったり、、。まあ、それが国際的な付き合いや、日本の…

【ガレキの中で見つけた小さな奇跡】 ~フィリピンを襲った超大型台風22号「ODETTE(オデット)」。NGOの現地事務所のあるセブを直撃し、甚大な被害をもらたらした、、   (#それでも今日は私の誕生日 #2021年12月16日17日台風22号ライ #台風による家屋倒壊停電断水通信障害 #貧困層に届かぬ支援 #孤立状態の被災地への緊急支援 #辛くても笑顔を忘れずに #台風災害復興支援 #国際協力NGO #SDGs)

2021年12月16日から17日にかけて、フィリピンを襲った超大型台風22号「ライ」(フィリピン名「オデッタ」)。フィリピンで活動するNGOの現地事務所があるセブ島は、その直撃を受けた。特に、支援地域のひとつである山奥の村のスラムは酷い状況だった。被災により山道は崩れ、いくつかの小さな山村は孤立状態になっている。町へ買い物に行くこともできず、また、支援も届かない。ずっと停電と断水の中、食料も水もなく、通信も遮断され、人々は飢えと未来への不安に襲われ、苦しんでいる。NGOでは、そのような孤立状態の山岳スラムの被災地において、村に住む現地ボランティア(彼女の家もまた被災し、屋根も壁もない)の協力で…

【道端の草花にふと思うこと】 ~小さな思いがつながって、大きな力になる。。   (#ハートの紫陽花 #海外ボランティア #SDGs #国際協力NGO #お金よりも大切なことだってあるかもしれない #現実を見据えたきれいごとは未来を変える)

昨日、歩いて買い物に行く途中、近所の道端に咲いてた紫陽花花が集まってハートを作ってたうちらもこんなふうに、みんなが寄り添い合って、手をつないで、素敵なハートが作れたらいいなて、思うひとつひとつは小さくてもあたたかい気持ちが、ハートが合わさって、この花のように、、、日々、目にする世の中の哀しい出来事自分ひとりじゃ何もできない何をしたらいいかわらないそんなふうにあきらめないで今、できることから始めようひとりひとりのそんな思いが合わさっていつかきっと、何かを変える大きなハートになるよ、、、今日も歩いたらもうハートが崩れてたほんの一瞬の出来事だからこそ、貴重で、大切なものひとつひとつの気持ちひとりひと…