Hatena Blog Tags

海野十三

(読書)
うんのじゅうざ

小説家(1897年(明治30年)12月26日〜1949年5月17日)
「うんのじゅうぞう」とも。日本のSF小説の祖のひとり。
別名 丘丘十郎(おか・きゅうじゅうろう)
本名 佐野昌一。
徳島市生まれ。

代表作

  • 電気風呂の怪死事件
  • 火星兵団
  • 地球要塞
  • 浮かぶ飛行島
  • 赤外線男
  • 深夜の市長
  • 蠅男 等
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

「怪異と謎解き、そして郷愁――岡本綺堂の探偵小説作法」「「怪談」以上「探偵小説」未満の世界――江戸川乱歩の「幻想怪奇の小説」について」「脳内に現象する怪異――海野十三・夢野久作・蘭郁二郎」「家霊を脱構築する女――小野不由美『残穢』の〈転居〉と戸川昌子「大いなる幻影」の〈賃貸〉」「妖怪の「理」/ミステリの「檻」――京極夏彦「百鬼夜行」シリーズは何を「祓った」のか」

★ 松田祥平さんが「怪異と謎解き、そして郷愁――岡本綺堂の探偵小説作法」を、谷口基さんが「「怪談」以上「探偵小説」未満の世界――江戸川乱歩の「幻想怪奇の小説」について」を、鈴木優作さんが「脳内に現象する怪異――海野十三・夢野久作・蘭郁二郎」を、小松史生子さんが「家霊を脱構築する女――小野不由美『残穢』の〈転居〉と戸川昌子「大いなる幻影」の〈賃貸〉」を、乾英治郎さんが「妖怪の「理」/ミステリの「檻」――京極夏彦「百鬼夜行」シリーズは何を「祓った」のか」を、怪異怪談研究会 監修、乾英治郎・小松史生子・鈴木優作・谷口基 編著『〈怪異〉とミステリ─近代日本文学はなにを「謎」としてきたか』(青弓社)にそ…