海音寺潮五郎

海音寺潮五郎

(読書)
かいおんじちょうごろう

歴史小説家、(1901-1977)、鹿児島県出身
「天正女合戦」「武道伝来記」(1936)で第3回直木賞受賞。「鷲の歌」(1968)で第16回菊池寛賞受賞。
未完に終った「西郷隆盛」が絶筆となった。

直木賞選考会で司馬遼太郎を絶賛したひとでもある。

関連語

直木賞

新着ブログ: 海音寺潮五郎