消されたライセンス

(映画)
けされたらいせんす

License to Kill

  • 1989年|イギリス、アメリカ|カラー|133分|画面比:2.35:1|MPAA:PG-13*1

概要

007ことジェームズ・ボンドは親友でもあるCIA局員フェリックス・ライターと共に南米麻薬王サンチェスを逮捕する。しかしサンチェスは部下の手を使って脱走し、ライターに重傷を負わせ、その新妻を殺害する。復讐に燃えるボンドは単身サンチェスを追撃するが。
正式邦題は『007/消されたライセンス』。シリーズ第16作は情報局局員としてではなく、友人の仇を討つ1人の男の物語となっている。シリーズの在り方を暗中模索した結果、興業的にも批評的にも今1つとなり、ティモシー・ダルトンのボンドもこれで打ち止め。次回作『ゴールデンアイ』まで6年間かかることになる。

*1:Rated PG-13 for action violence and drug content.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ