淡蒼球

淡蒼球

(サイエンス)
たんそうきゅう

GABA作動性の大型の投射ニューロンを含む、脳の皮質下構造のひとつで大脳基底核の一部。ミエリンの髄鞘を被った軸索が通過するため、青白い外見を呈し、淡蒼球と呼ばれる。

新着ブログ: 淡蒼球