深見安博

深見安博

(スポーツ)
ふかみやすひろ

プロ野球選手・指導者。
右投右打、ポジションは外野手。背番号は1→5→27→26→6番。

1919年11月26日生まれ。兵庫県出身。
報徳商業*1で夏の甲子園に出場。

中央大学を卒業後、西日本鉄道に入社し、1948年、都市対抗野球で優勝。

1950年、西鉄クリッパーズの創立に参加し、入団。

1年目より強打者として活躍、打率.279、22本塁打を記録。


1952年、開幕後の4月に大下弘との2対1の交換トレードで、緒方俊明と共に東急フライヤーズに移籍。

25本塁打で本塁打王を獲得。史上唯一の2球団にまたがる本塁打王*2となる。


1954年、高橋ユニオンズの創立に参加し、移籍。

1955年、南海ホークスに移籍。
ホークスでは代打として活躍し、リーグ優勝に貢献した。


1957年、現役引退。

1961年、西鉄ライオンズのコーチに就任。

中西太の病気休養により、1965年4月18日から5月11日までの13試合、代理監督を務める。


1966年、西鉄ライオンズのスカウトに就任。

1968年、広島東洋カープのコーチに就任。

1970年、退団。


1972年4月9日、逝去。

*1:現在の報徳学園高校。

*2:西鉄ライオンズで2本、東急フライヤーズで23本。

新着ブログ: 深見安博