清塚邦彦

(読書)
きよづかくにひこ

哲学研究者、山形大学教授。1961年群馬県生まれ。1984年東北大学文学部哲学科卒、92年同大学院博士課程単位取得退学。2016年文学博士。山形大学人文学部助教授、2007年准教授、教授。専門は、言語哲学・哲学的記号論。

著書

  • 『フィクションの哲学』勁草書房 2009

共編著

  • 『画像と知覚の哲学 現象学と分析哲学からの接近』小熊正久共編著 東信堂 2015

翻訳

  • 『論理と会話』ポール・グライス 勁草書房 1998
  • 『真理を追って』W.V.クワイン 伊藤春樹共訳 産業図書 1999
  • 『主観的、間主観的、客観的』ドナルド・デイヴィドソン 柏端達也, 篠原成彦共訳 春秋社 2007.4.現代哲学への招待
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ