清水哲郎

(読書)
しみずてつろう

 東京大学大学院人文社会系研究科・死生学講座教授。1947年生まれ。専攻は哲学、医療倫理。著作に『オッカムの言語哲学』(岩波書店)、『パウロの言語哲学』(勁草書房)、『医療現場に臨む哲学』(勁草書房)、『世界を語るということ』(岩波書店・哲学塾)などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ