清水崑

(アート)
しみずこん

カッパの絵で有名な漫画家。

略歴

1912年(大正元) 長崎市生まれ、本名幸雄。
1930年(昭和5) 長崎市立商業学校卒業後上京し、生活のため街頭似顔絵描きとなる。
1932年(昭和7) 横山隆一、杉浦幸雄近藤日出造らの新漫画集団に参加。
1933年(昭和8) 「オール読物」に挿絵を執筆、岡本一平に認められて漫画家になる。
  文芸春秋誌などに挿絵を描く。
  戦後朝日新聞に政治漫画を連載
1949年(昭和24)早川書房から出版された、火野葦平の短編小説集「河童」の装丁と挿絵を担当したことから、「清水かっぱ」がはじまる。
1951年(昭和26)「小学生朝日新聞」の創刊に際し「かっぱ川太郎」を連載
1953年(昭和28)週刊朝日に昭和33年まで「かっぱ天国」を独特の毛筆で連載し、新しいカッパ像を創り出し、″かっぱの崑″の名声を上げる。
1955年(昭和30) 「黄桜酒造」のカッパを描く。(昭和49年からは、小島功氏が引き継ぐ)
  生前長崎で「長崎のくんちを遊ぶかっぱ展」などの個展を三回開く。
1974年(昭和49) 永眠。


リスト::漫画家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ