渡辺元智

(スポーツ)
わたなべもとのり

高校野球指導者。横浜高等学校硬式野球部終身名誉監督。
1944年11月3日生まれ、神奈川県足柄上郡松田町出身。

選手時代は、横浜高等学校で2年生から外野手レギュラーとして活躍するも、甲子園の出場経験は無し。神奈川大学に進学したが右肩を故障し、1年で中退した。
1965年から母校の横浜高等学校野球部のコーチを務め、1968年に臨時体育助教諭の肩書きで監督に就任した。1973年第45回選抜高等学校野球大会で、初出場初優勝を達成。その後、関東学院大学に再入学し、教員免許を取得した。
1980年、第62回全国高等学校野球選手権大会で夏初優勝。1998年にはエース・松坂大輔を擁し、史上5校目となる甲子園春夏連覇を果たした。明治神宮野球大会と国民体育大会でも優勝しており、史上唯一の4冠、公式戦年間無敗を達成した。2006年、第78回選抜高等学校野球大会で春3回目の優勝。
2015年夏限りで横浜高校監督を勇退、終身名誉監督に就任する。甲子園通算51勝は、高嶋仁中村順司に次ぎ、前田三夫と並ぶ歴代3位タイの記録(2015年現在)。
教え子には愛甲猛、高橋建、鈴木尚典、紀田彰一、多村仁、斉藤宜之、横山道哉、上地雄輔、松坂大輔、小池正晃、小山良男、後藤武敏、成瀬善久、荒波翔、涌井秀章、筒香嘉智らがいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ