湊川の戦い

(一般)
みなとがわのたたかい

建武3年、延元元年(1336年)5月25日、摂津湊川における楠木(兵力700騎)、新田(兵力1万人)連合軍と足利軍(兵力50万人)の戦い。
新田軍は和田岬に、楠木軍は会下山に陣をはる。足利軍は三方より上陸し、楠木、新田軍を分断し、新田軍を敗走させる。戦闘時間6時間の後、楠木正成は弟をふくめた一族とともに自決する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ