源泉分離課税

(社会)
げんせんぶんりかぜい

源泉徴収される分離課税のことで、源泉徴収によって納税し、確定申告を必要としない課税方式のことである。日本では預貯金などの利子所得や公社債投資信託の収益の分配などが源泉分離課税である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ