源為義

(一般)
みなもとのためよし

平安時代末期の武将。清和源氏
鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の祖父。最近までの主な通説では、尊卑分脈の記述をそのまま採用し、実の父は源義親*1であり養父の義親の実弟の源義忠*2から、河内源氏の当主の座を継承したとされたとの説と、養父は祖父にあたる源義家であり、義兄にあたる源義忠暗殺後養子ではなく義弟として河内源氏の棟梁として擁立されたとの2説があったが、北酒出本『源氏系図』、長楽寺本『源氏系図』、妙本寺『源家系図』、『佐竹家系譜』などの記載や平安時代後期の太政大臣藤原忠実の日記『殿暦』の記載により、為義は義家の四男であったとする佐々木紀一説が発表され尊卑の記載に基づく通説が揺らいでいる*3


子の源義朝と対立し、保元の乱で崇徳上皇方に付くが敗れ、実子によって処刑されりという最期を遂げた。

辞世の句

父を切る子
子に切らるる父
切るも切らるるも
宿執の拙き事
恥ずべし恥ずべし
恨むべし恨むべし

*1:源義家の次男

*2:源義家の四男

*3:最近の研究では、源為義は源義家の実子で源義忠の弟との説が出ている→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%82%BA%E7%BE%A9#cite_note-0

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ