準天頂衛星

(サイエンス)
じゅんてんちょうえいせい

公転周期が惑星の自転周期(地球なら23時間56分)に等しい対地同期軌道のうち、適切な軌道傾斜角と軌道離心率を持たせることで、特定の1地域の上空に長時間とどまる準天頂軌道 (quasi-zenith orbit) を取る人工衛星。

リスト::天文学

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ