火坂雅志

(読書)
ひさかまさし

時代小説作家。
1956年、新潟県生まれ。2015年2月26日、死去。
早稲田大学2年のときに読んだ『燃えよ剣』で作家を目指す。10年間の出版社勤務を経て1988年、「花月秘拳行」でデビュー。
『黒衣の宰相』『臥竜の天』『虎の城』『蒼き海狼』など著書多数。
新潟日報で連載された、上杉景勝の家老・直江兼続を主人公にした作品『天地人』が、2009年のNHK大河ドラマの原作に。
好きな作家は坂口安吾。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ