火星人ゴーホーム

(読書)
かせいじんごーほーむ

米国の作家フレドリック・ブラウンのSF小説(1955)。原題《Martians, Go Home》。

あらすじ

SF作家ルークは、カリフォルニア州の砂漠の一軒家で、原稿が書けずに四苦八苦していた。そこに突然、奇妙な緑色の小人が出現してなれなれしく話しかけてきた。
「やあ、ここは地球だろ?」地球に大挙してやってきた奇妙で、意地悪で、悪戯好きな小人は、どこにでも現われては、いらんことをしゃべりまくって人類の邪魔をする……火星人の巻き起こすとんでもない大騒動を軽妙に描きだす、奇才ブラウンの傑作ユーモアSF

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ